お風呂のカビ予防のコツ

query_builder 2022/05/25
コラム
7

いつの間にか、お風呂の床や天井に発生しているカビは、一度発生すると頑固な汚れにもなるので掃除が大変ですよね。
でも、ちょっとしたコツを実践することで、カビを予防することができます。
今回は、お風呂場に発生するカビを予防するコツについて解説します。

▼お風呂のカビ予防のコツ
■熱いお湯をかける
菌類の集合体であるカビは、熱いお湯をかけることで死滅させることができます。
「熱いお湯」と言っても、掃除のたびに沸かした熱湯を用意する必要はありません。
50度程度のお湯でも、カビは死滅させるには十分ですので、温度を上げたシャワーをかけるだけで効果が期待できます。

■乾燥させる
カビは繁殖のために、水分を必要とします。
掃除をする際は、タオル等を使ってお風呂内の水分をしっかり取り除きましょう。
入浴時以外にも浴室の換気扇を動かして、乾燥した状態を維持すると良いでしょう。

■汚れを除去する
浴室内のカビは、皮脂やシャンプーの残りかす等の汚れを養分として増殖します。
皮脂・シャンプーが付着していそうな部分を、重点的に掃除することが大切です。
天井にも皮脂やシャンプーが付いているので、忘れずに掃除しましょう。

▼まとめ
お風呂のカビを予防するには、熱いお湯をかける・乾燥させる・汚れを除去するというコツが効果的です。
すでにカビが発生している場合は、お掃除のプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

専門的な知識と技術をもとに、快適なお風呂に仕上げてくれますよ。
当店は千葉市を拠点に、街の便利屋として家事代行や不用品回収等に対応しています。
ハウスクリーニングの実績も豊富ですので、お風呂の掃除はお任せください。

NEW

  • 草刈り、枝切りについて

    query_builder 2022/04/25
  • 生前整理で断捨離するコツ

    query_builder 2022/12/01
  • 水栓が水漏れする原因と対処法

    query_builder 2022/11/15
  • よくある水回りのトラブル

    query_builder 2022/11/01
  • 障子の張替え方について

    query_builder 2022/10/22

CATEGORY

ARCHIVE