蜂の巣を自分で駆除できるかどうかの判断基準とは

query_builder 2024/02/03
コラム
54

蜂の巣は、自分で駆除できるものと危険が伴うため自分で駆除しない方がいいものがあります。
そこで今回は、自分で駆除できる蜂の巣かどうか判断する基準をご紹介しましょう。
蜂の巣を見つけたとき、業者に依頼するかどうか迷ったときの参考にしてみてくださいね。

▼自分で駆除できる蜂の巣かを判断する基準
■蜂の巣の大きさ
蜂の巣の駆除の難易度は、巣の大きさで異なります。
通常自分で安全に駆除できる大きさは、直径15cmまでとされてます。
これより大きい場合巣の中の蜂の数が多く攻撃性も増しているため、自分で駆除するのは危険です。

■蜂の巣の場所
蜂の巣ができた場所が手の届く解放的な場所であれば、駆除の難易度はそれほど高くありません。
一方閉鎖的な場所の場合、蜂に襲われる可能性が高くなるため注意が必要です。
とくに屋根裏や床下などは、壁に穴を開けるなどの処置が必要なので一般の方では難しいでしょう。

■蜂の種類
日本の場合、家に巣を作る蜂の多くが、ミツバチ・アシナガバチ・スズメバチの3種類です。
このうちミツバチとアシナガバチは、駆除の危険性が低いでしょう。
一方スズメバチは危険性が高いため、専門の業者に駆除を依頼することをおすすめします。

▼まとめ
蜂の巣を自分で駆除できるかどうかは、巣の大きさや場所、蜂の種類によって判断しましょう。
なお自分で駆除できるケースでも絶対に安全なわけではありません。
心配な場合は無理せず専門の業者に任せましょう。
【便利屋 救太郎】は、蜂の巣の駆除も承っております。
スピーディーに対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 草刈り、枝切りについて

    query_builder 2022/04/25
  • 網戸の張り替えを業者に依頼するメリットとは

    query_builder 2024/03/01
  • 蜂の巣を自分で駆除できるかどうかの判断基準とは

    query_builder 2024/02/03
  • 蜂の巣ができやすい環境とは?

    query_builder 2024/01/05
  • 便利屋の料金相場を知りたい

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE